メリット豊富なあご削り!手術する美容外科を選ぶ方法を紹介

出っ張っている悩みがあればあご削りを検討してみよう

手鏡を見る

容姿の悩みは人それぞれですが、あごに関する悩みも意外と多いものです。あごの形がシャープでも、長すぎると尖っている印象が強くなってしまいます。また、出っ張っているあごだときつい印象に見えたり、あごばかりが目立ってしまったりするものです。何とかしてあごの悩みを解決したい時には、美容外科であご削りを受ける方法があります。

あご削りなんて恐ろしいと思う方も多いでしょう。美容外科のあご削りは、すでに多数の実績がある手術です。もちろん、手術ですのでそれなりに注意すべき点はありますが悩みの解決ができます。しかし、あご削りで手術を受けるとなると、どのような切開をするのかも不安になるでしょう。メスを入れるのは口腔内から歯茎を切って、あごの骨を削るやり方で進めます。したがって、傷の問題は顔の表面に残るわけではありません。

美容外科で受けるあご削りは、約2時間かかります。3~4日後に消毒で来院し経過を診察してもらいます。手術から7~8日後には抜糸する流れです。そのため、あご削りを受けるためにはまとまった休みを取る必要があります。安心して術後の経過を診てもらえるようにするためにも、計画的な治療が望ましいとされます。あごの悩みがある時は、あご削りが可能な美容外科についても調べてみましょう。

あご削りには4つの方法から適切なものが選ばれる

美容外科で受けられるあご削りに関心を持っている方は、どのような方法で行うのかも入念に調べることでしょう。何しろあごを削るという手術を受けるのですから、術式や費用、リスク、注意点などよく理解したいものです。あご削りは、口の中の歯茎部分を切開して、アゴの骨を専用の器具で削る方法です。これにより、あごの形をすっきりと整えることができます。

あごは、顔のパーツで二の次だと考えられがちですが、意外にも印象を大きく左右するパーツです。そのため、顔全体の印象を損ねてしまうことも少なくありません。美容外科のあご削りは、あごの幅が大きい人や、あごのラインをすっきりしたい方に適した方法です。

実際、4つの削り方があります。左右の出っ張りを斜めに削る・あごの先端を削る・あごの中央部を切り出す・骨を移植してあごの部分に接続するという方法です。これらは、患者の希望やイメージを聞き取り、入念なカウンセリングを行ってから決めます。希望通りのあごのラインになるためには、顔全体のバランスとして整っているあごの形状も考えなくてはなりません。シャープで理想的なあごのラインにするためには、個々の症例に応じて優れた技術を必要とします。

美容外科であご削りを受ける際には、安くない費用がかかることもあり、慎重な選び方をするようにしましょう。

あご削りは後退しているあごの悩みにも行われる

雑誌やネットで美容外科の広告やサイトを見ることがあるでしょう。あご削りもその一つで、さまざまなあごの形状や大きさの悩みを抱えている方に対して行われています。どちらかというと出っ張っているあごや、大きいあごに対して行われる手術と考えがちではないでしょうか。もちろん、それらの悩みにも手術が適応されますが、後退している場合にも対応できます。

後退しているあごだと、何となく顔全体のしまりがない印象になります。鼻・唇・あごのラインが側面から見た時に、よりきれいに見える位置があるためです。そのために、あごの一部を水平に切り前面へずらす手術が適しています。

美容外科のあご削りは、手術時間が2時間程度で入院の必要もありません。しかし、全身麻酔をして口腔内から歯茎の下を切開して行うため、術後の経過観察は欠かせません。後退しているあごの悩みが、本当に手術を受けなければ困っているほどに深刻なのかも、充分考えてから受けるのが賢明です。メスを入れる不安や怖さがあるなら、ヒアルロン酸の注入という方法もあるので、美容外科で相談してみるのも良いでしょう。
あご削りの技術は、進化してきているとはいっても、術後は美容外科で適切な管理をしてもらう必要もあることも理解しておきましょう。

Pick Up Contents

News

TOP