メリット豊富なあご削り!手術する美容外科を選ぶ方法を紹介

顔の輪郭で悩んでいる人におすすめなあご削り

顔に手を当てる

自分の顔の輪郭に不満を持っている人もいるのではないでしょうか。理想とする輪郭は人それぞれですが、小顔に憧れている人は多いです。ダイエットして顔についているお肉を落としたり、マッサージや食生活を改善してむくみに気をつけることはできますが、自分で骨格を変えるのはなかなか難しいです。あごの出っ張りをどうにかしたいけれど、自分ではどうにもできず諦めている人もいるかもしれません。そういう人におすすめなのがあご削りです。美容外科で行っているあご削りは、手術であごを短くするものです。

あごが出ていると面長の印象になってしまいますが、あご削りを行うことで口周りがスッキリして綺麗な輪郭になります。ダイエットなどであごの周りの肉は落とせても、骨格自体はどうにもできません。そこであごを削って、輪郭を整えるのです。手術をする時に気になるのが、傷が残るかどうかということではないでしょうか。あご削りは基本的に口の中を切開して、そこからあごの骨を削る手術なので、顔の目立つ場所に傷が残ってしまう心配はありません。リスクがないわけではないですが、部分麻酔で行う比較的手軽な手術なので、輪郭を整えたいという人はあご削りを検討してみてはどうでしょうか。

Pick Up Contents

News

TOP